乳酸菌革命は妊娠中に飲んでもいいの?

乳酸菌革命は妊娠中に飲んでもいいの?

乳酸菌革命,妊婦

腸内環境を良くすることは、健康にとっても美容にとっても大事なことです。ドラッグストアでもネットショップでも、腸内環境を良くするための乳酸菌サプリメントが売れています。

 

数あるサプリメントの中でも高い評価を受けている乳酸菌サプリメントが、乳酸菌革命です。

 

話題の乳酸菌に加えて、ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌というパワフルな3大乳酸菌を加えているので、さらに乳酸菌のパワーがアップしています。

 

乳酸菌革命は妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊婦で乳酸菌革命を摂取したい場合は、かかりつけの医師に相談してから摂取することが大事です。

 

子供の場合、合成保存料や合成着色料を使用していないので、摂取することは可能です。

 

喉に詰まる危険性がある小さな子供の場合は、カプセルを破り中にある粉末を摂取した方が安心です。

 

乳酸菌革命に含まれる乳酸菌の効果についてまとめました。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、乳酸などの有機酸を生成して悪玉菌の増殖を防ぎ腸内環境を整えます。ビフィズス菌が生成する酢酸には、強力な殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑えるのです。酢酸は、他の酸性物質よりも大腸菌の繁殖を抑えられます。

 

強い殺菌量と腸の粘膜を保護する作用により、病原性大腸菌などの予防効果も期待できます。

 

ビフィズス菌は、葉酸やビタミンB群なども作り出し、栄養素の吸収をサポートします。

 

体に良い働きをするビフィズス菌を増やすには、生きたビフィズス菌を含む食品を摂取することが大切です。

 

ラブレ菌

ラブレ菌は、植物性の乳酸菌です。植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも腸で生き抜く力が強いことで有名です。

 

特にラブレ菌は、植物性乳酸菌の中でもトップクラスなのです。過酷な環境で生き抜くラブレ菌には、強いパワーが秘められています。生きたまま腸に届き、腸内でも増殖して腸内環境を良好に守ります。

 

カゼリ菌

カゼリ菌には、整腸作用のほかに、コレステロールを低下させる作用があります。長く腸に留まって、腸内環境を守ります。

 

まとめ

乳酸菌革命は、妊婦さんやお子様でも飲める仕様になっていますが、必ずかかりつけ医に相談することをオススメします。

 

成分には、副作用と考えれる成分は除外されていると公式サイトにも掲載がありますが、大豆という記載と、カプセルにはゼラチンが原材料に含まれていることが多いのでアレルギーの可能性が否定できません。

 

大豆や、ゼラチンのアレルギーが気になる方は摂取は控えたほうがよさそうです。

 

乳酸菌は、酸やアルカリに弱いです。そのため、口から入っても胃の中の胃酸によって多くの乳酸菌が死滅してしまうのです。

 

乳酸菌革命は、酸やアルカリから乳酸菌を守る耐酸性カプセルを採用しているので、乳酸菌が腸まで届きます。

 

1日の摂取目安は、2粒から6粒です。サプリメントなので、いつ飲んでも大丈夫ですが、毎日同じ時間帯に飲むと飲み忘れを防ぐことができます。他の乳酸菌製品と一緒に飲んでも、基本的に問題はありません。

 

乳酸菌革命は、注文してから1週間くらいで届きます。海外への発送は行っていません。

 

乳酸菌革命,妊婦