新ビオフェルミンS錠は花粉症の症状が緩和するの?

新ビオフェルミンS錠は花粉症の症状が緩和するの?

新ビオフェルミンS錠は、大正製薬ホールディングスグループが製造、販売している製品のひとつです。

 

特に使用はしていない人でも、CMで目にしたことが一度はあるであろうというほどに知名度は高く長く支持されているお薬です。

 

新ビオフェルミンS錠は乳酸菌を配合した錠剤で、整腸作用をもたらすことで軟便や便秘解消、お腹の張りを抑えてくれる効果が期待できます。

 

花粉症とは

 

花粉症は、植物の花粉を体内に取り込んだ時に体が過剰な免疫機構をはたらかせてしまうことで引き起こされる病気のひとつです。

 

過敏な反応の具体例としては、くしゃみや鼻水、涙、目のかゆみなどが挙げられます。

 

これらの症状がひどくなると外出ができなくなったり、仕事に支障をきたしたりしてしまうほどに重症になる場合があります。

 

過敏に反応してしまう花粉の種類は非常に多くある上にその花粉症の程度の差はあるものの、今や日本人の5人に1人は花粉症を発症しているというデータさえあるほどに、この病気は日本人を悩ませているのです。

 

腸は第二の脳とも呼ばれることもあり、体全体の調子を左右するのは腸の健康具合にもよるといっても過言ではないほどに、全身の臓器の中でも重要で数多くの働きを担っていることが近年の研究から明らかにされています。

 

花粉が飛ぶ季節になるとマスクやサングラスなどの売り上げが伸びるというデータもありますが、対処療法でやり過ごしている人は整腸作用という観点から免疫力の向上をはかり、花粉症の改善に取り組むのも非常に効果的な対策となると言えるでしょう。

 

新ビオフェルミンS錠は花粉症への症状

その特徴として、ヒト由来の乳酸菌を配合しているため定着性が高いこと、3種類の乳酸菌によって小腸から大腸までを広くカバーし整腸作用を促すこと、そして生後3ヶ月の赤ちゃんからお年寄りまでという幅広い年齢層の人に利用してもらえるという点が挙げられます。

 

2つ目に挙げた「3種類の乳酸菌」というのは具体的に、フェーカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌の3種類です。中でも主に小腸に定着して速やかに増殖、腸内フローラを整える作用をもたらすのがフェーカリス菌です。このフェーカリス菌は他2つの乳酸菌の増殖をサポートする働きがあることも明らかにされています。実はこのフェーカリス菌は整腸作用のみならず、体の免疫力を向上させてくれる効果も期待されています。免疫力の向上と維持は健康な体を保ち、体調管理に非常に重要な役割を担っていることから、新ビオフェルミンS錠が重宝する薬品であることがわかります。

 

免疫力を高める効果の中でも、花粉症の改善という点が今注目を集めています。

 

新ビオフェルミンS錠,花粉症