アシドフィルス菌 花粉症

アシドフィルス菌が花粉症に効果あり!?ビオチン食いの善玉菌とは

アシドフィルス菌 花粉症

アシドフィルス菌は、ビオチンの生成をサポートできることがわかり注目を集めている乳酸菌です。

 

 

アシドフィルス菌はビオチンを生成するサポート機能があることで話題になっている乳酸菌です。

 

アシドフィルス菌と花粉症の関係について、深くかかわりあいがあるのがビオチンにあります。そしてヒスタミンと呼ばれる炎症作用のある物質について知ることでアシドフィルス菌、ビオチン、ヒスタミンの関係性がはっきりとしてきそうです。

 

 

この3点を調べることでアシドフィルス菌と花粉症について知ることがきました。

 

ビオチンとは

アシドフィルス菌 花粉症

ビオチンはには、皮膚の働きを正常に保つため、皮膚細胞活性化し老廃物の排泄機能が備わっており、アレルギー疾患の治療に使われることがあるのだそうです。

 

さらにビオチンには、
コラーゲンやセラミドの生成を高めたり骨や皮膚などのダメージ回復を促す効果が認められています。

 

 

ビオチンは、別名ビタミンHとも呼ばれており、このビオチンが不足しがちで炎症を起こす方が摂取することで効果を発揮しているそうです。※すべての人ではありません。

 

とくに
ビオチンが効果的と考えられているのが、腸内環境が乱れておりビオチンを生成することができない方なのだそう。

 

では
アレルギーが起こる原因はどのようなものでしょうか。

 

アレルギーとは

アシドフィルス菌と花粉症について
アレルギーを指す症状としては、
炎症全般、わかりやすいといところだとアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを指し原因となる物質に反応して起こる免疫反応。この反応を起こすのが「ヒスタミン」という物質で体の至る部位からも生成される炎症物質です。

 

 

ヒスタミンとは

「ヒスタミン」が分泌されるのは、アレルギー体質を持っている人がその原因物質と接触もしくは誤飲など体の中へ摂取してしまうことが原因となり過剰に分泌する。

 

これは体内ばかりでなく皮膚表面でも同じ現象が起き「アレルギー性皮膚炎」と言われています。

 

このヒスタミンに働きかけるのがビオチン。

 

長くなりましたが、
アレルギーの原因はビオチンだということがわかってきました。

 

アシドフィルス菌と花粉症の関係について-まとめ-

アシドフィルス菌と花粉症について
アシドフィルス菌は腸内にもともと存在してる菌でもありビオチン生成の役割を担っているが、正常に生成できない。生成できない理由があるということ。

 

このようにビオチンはアレルギーの炎症を起こすヒステミンに効果的あるにも関わらず、生成されないのには腸内環境の乱れにあります。

 

腸内環境が乱れる要因は、

  • 運動不足
  • 夜更かし
  • ストレス

などで左右されますし、食生活も影響していて、加齢によってさらに年々少なる傾向があるためです。

 

ビオチンを食す善玉菌

アシドフィルス菌 花粉症
このビオチンを食べる善玉菌がいる点も見逃せません。

 

よく言われているのが、
ビフィズス菌です。いやビフィズス菌が全部ダメじゃなくてその中にビオチンを食べる善玉菌がいるということになりそう。

 

その一つがフェカリス菌。フェカリス菌は整腸作用があるので整腸薬に使われていることがあります。

 

ビオチンを増やしたい!と考えている方は整腸薬を避けるのがよいのではないでしょうか。

 

 

だからといって
フェカリス菌が悪なのかといえば、免疫力の向上に関わっている重要な菌です。

 

なによりも、
ビフィズス菌が善玉菌と認知されているのは日本とフランスのみ。

 

アシドフィルス菌と花粉症について

 

ほかの先進国でビフィズス菌は悪玉菌の扱いになっていることがわかりました。

 

情報を整理すると、

  • ビオチンはヒスタミンを体外に排出する働きがある。
  • ビオチンは腸内だけで作られる。アシドフィルス菌とか。
  • ビオチンの生成が少なくなるとヒスタミンが排出されずアレルギー症状として現れる。
  • ビオチンが生成されにくくなるのは腸内環境の乱れによる。

 

このように
アシドフィルス菌が花粉症(=アレルギー症状)に対して有効になりそうなことがわかりました。

 

アシドフィルス菌がビオチンを生成する。

 

アシドフィルス菌でビオチンの生成を助けることで花粉症は軽減できる可能性がある!

 

この一択が花粉症などのアレルギー症状を緩和できそうです。

 

アシドフィルス菌を増やすには、
質重視のサプリメントがおすすめです。

 

アシドフィルス菌サプリのおすすめをまとめていますので、合わせてチェックしてみてください。